何故いま「時代に相応しい会社づくり」なのか?

「昭和から平成へ、20世紀から21世紀へ、時代はかわり、人の暮らしも大きくかわっているなか、会社という存在だけが昔のままかわっていないんじゃないだろうか?」

そんなわだかまりを持ちながら会社員として5社ほど経験した加賀が、21世紀の幕開けとともに時代に相応しい会社づくりに挑もうと設立したのがモダンブルーです。

そして仲間とともに働きながら、考えながら、ようやく導き出した答え。それは
「会社は人のために存在する」
ということ。

モダンブルーはこの大前提に立って経営理念を掲げ、21世紀に相応しい会社をつくるための仲間を求めています。